Hurra! Hurra! Hurra!

デンマーク、ドイツでの海外生活を経て感じた事を発信します。また自分の専門である障害者福祉に関連した発信もどんどんしていきます。

ムスリムファッションから学んだ事。

私が通っている施設の同僚でムスリムの女の子が数名います。

 

彼女たちの両親は難民としてパレスチナレバノンからやってきて、彼女たち自身はドイツで生まれ育ったアラブ系ドイツ人です。

彼女たちはヒジャブを被ったムスリムファッションに身を包んでおり、見た目からはアラブ系だと印象を当然受けるのですが、話をすると普通に素朴などこにでもいる女の子です。

アイデンティティは半分、もしくは半分以上がドイツ人かなと思いますが、アラブ系の友人が身近にいなかったので彼女達の存在を新鮮に感じる自分がいます。

 

最近よく読んでいるちきりんさんのブログの連載記事のひとつの中で、イスラム文化について取り上げたものを読みました。

恥ずかしながら数か月前までちきりんさんの事知らなかった…Twitterすらもやってなかったからね。。

 

d.hatena.ne.jp

 

ベルリンに住んでいるとイスラム文化を身近に目にする事が多く、

最近中東の国々に興味が湧いていたところです。

更にこっちに来てからベジタリアンヴィーガンの友人も増えたり、

今通っているインターンシップ先でも宗教上の理由で豚肉を食べられない人がいたり、健康上の理由で乳糖類を摂取できない人がいたりで、

食べ物を通じて、様々な事情を抱えた人達との共生について考えていました。

 

そして、今日の話題はこの記事について。

d.hatena.ne.jp

 

最近よく一緒に顔を合わせる機会の多い、ムスリムの女の子。

今日喋っていて、話題が彼女のファッションについてとなりました。

 

私は本当にこれまで知識や興味があまりなくて、漠然したイメージしか持っていなかったんです。

それに、宗教上のファッションのことについて質問するなんて失礼だなと勝手に思っていた。

なので、よく見かけるけどあまり触れちゃいけない事なんだと思っていた。

 

けれど、昨日読んだちきりんさんのブログが、私の知らない文化に対して良い意味で私の興味関心を掻き立ててくれて、彼女に質問するに当たってすごく純粋なマインドへと私の気持ちを持ち上げてくれました。

 

どこで買うのかとか、ムスリムでない人が興味を持って着ることがあるのか、など聞くうちに、

(ちなみに、特定のお店に行くこともあれば、H&MZARAとかで買うこともあるとのこと。完全に中東っぽい恰好をしているわけでなく、こっちでよく見かける女の子たちはうまく色んなアイテムをバランスよく選んで洗練されててお洒落です。

更にムスリムでない人でも着ても全然OKです。そりゃ当たり前か。)

 

私が一番個人的に気になってたことを聞いてみました。

 

ムスリムファッションではできない事があります。

肌を過剰に露出したり、身体のラインを見せたり。

でも女の子であれば、そのようなファッションに身を包んでみたくなったりしないのかな?と私は思っていたんです。

特にドイツ人としてドイツで育っていたら、好きに色んなものを着る同世代の子を沢山目にするはずで、羨ましくなったりしないのかな?と思ったんです。

 

 

彼女は快く答えてくれました。

そしてその答えが私の予想を上回るもので、私は目から鱗が落ちる思いがしました。

 

続く