日本からデンマークを経てベルリンに来るまでのざっくりとしたあらまし

久しぶりの更新となってしまいました。

別で請け負った仕事が重なったり、

新しくバイトを始めたり、

デンマークにまた行ってきたり、

ベルリンの家のインターネット環境にトラブルがあったりと、

少しバタバタしておりました。

 

私はベルリンに来る前までデンマークのフォルケホイスコーレで半年間留学していました。

そろそろ、その辺りにも触れていきたいと思います。

 

辿った経緯としては、

2015年末に職場に離職の旨を伝える。

この時点ではドイツにワーホリに行く予定だったが、デンマークのフォルケホイスコーレのことを知り、そっちに興味が湧く。

フォルケホイスコーレについてリサーチ。

ノルウェー→1年行かねばならず、予算の関係上断念

スウェーデン→EU外の学生には学費がかかるようになったそうで断念

フィンランド→原則留学できない模様。

様々な情報を加味し、デンマークがよさそうであると思い、更に学びたかった音楽をメインに据えてるところ、プラス英語が通じる学校に絞り、学校の目星をつける

ドイツワーホリどうしようと思ったが、あらゆる国のドイツ大使館からワーホリビザ申請可能であることを知り、その方針でいくことにする。

学校に申し込み。(2016年3月頃)

ひとまず入学金を払った後に、また私のズルズル悩む悪い癖が発症。

あなた来るの来ないのどうすんのという催促が来て、意を固め残りの学費を払う(2016年8月)

学校から学生ビザ取得の書類が来る。(うちの学校はワーホリビザは不可だったため。学校によると思います。)

在日デンマーク大使館に面談の予約を取り、書類に必要項目を書き込む。

いざ代官山へ。デンマーク大使館にて面談済ませる。(2016年9月)

後日、北欧系大使館からのものとは思えないほどすげー日本的な茶封筒が届く。中には滞在許可在中。

日本でまだ在職中だったため、激務に追われながらバタバタでギリギリの準備をする。

2016年12月末、日本の職場を離れる。まもなく実家へ一旦引き上げる。

家族にも実はギリギリまで黙っていたが、意外にも驚かれなかった。まぁホイホイ海外旅行にも行ってたからだと思う。

2017年1月年明けに出発

トランジットの北京で搭乗直前に強烈な腹痛に襲われ、あまりの様子だったために搭乗拒否される。予定より数時間遅れでまずはフランクフルトに、そしてコペンハーゲンに到着。

コペンハーゲンに一泊した後、目的地の学校へ。

ユトランド半島南に位置するものすごい僻地であったため、片道5時間ほどかかる。(これがデンマークの交通網ってやつです)

降りる駅を間違え、出会った人に助けられながら、少し遅刻しながらも到着。

ついた早々、オリエンテーションでかなり激しいフォークダンスみたいなものをすることになり、疲労困憊の30歳の身体にヒーヒー鞭打ちながらも、妙なテンションと笑顔で乗り切る。

そんな感じで日々を過ごしながら、

ドイツのワーホリビザの申請開始。

大使館予約を1月の時点から取り始める(←遅いです。わたしホント腑抜けてました。うまく予約取れてほんとにラッキーでした。)

書類準備も同時進行

2月に在デンマークドイツ大使館へ面談へ。いざコペンハーゲンへ。

銀行の残高証明を日本の口座で持って行ったため、受理されず。

しかし、申請そのものは受理されたのでOK。急ぎでなくて良いから後でドイツかデンマークの銀行の残高の書類を送ってきなさいとのことだった。

友人にデンマークの銀行で働いている親族の方がおり、すんなり口座を開くことができた。ほんと感謝。

3月、31歳のバースデーを迎える。(ワーホリの年齢制限オーバー。オージー除いて他の国への選択肢は無くなる)

銀行の残高証明を送り、大使館からOKの連絡あり。

再度コペンハーゲンへ赴き、パスポートにビザを貼ってもらい、無事にビザゲットー!(4月)

実はデンマークの学校のエクスカーション行先がベルリンだった。

ベルリンは良いよーって周りの人たちも言ってたのもあり、学校修了後はひとまずベルリンに行ってみることに決める。

並行してアパート探し、すんなり見つかる。

デンマークのフォルケホイスコーレ、修了(6月末)

直ちにベルリンへ引っ越し

ベルリンに到着後、再びアパート探しに奮闘。なんとか見つかり、再度引っ越し(7月末)

ベルリンのトルコマーケットで買ったトムヤンクンラーメンを食べながらブログを書く日本人ここにあり(すげーインターナショナル)(9月半ば)

 

 

こんな感じです。

ここまで至るまで、いろんなことが起こったし、思うこともありました。

笑顔と涙にあふれた1年弱でした。

 

それぞれの詳しいことは随時記事にしていけたらと思います。

 

びせーぃす(Vi ses)