Hurra! Hurra! Hurra!

デンマーク、ドイツ、アジアバックパッカーを経て感じた事や体験談を発信します。また自分の専門である障害者福祉に関連した発信もどんどんしていきます。

パンチャカルマ6日目~安上がり寄り道紀行

前回の続き

hurrahurrahurra.hatenablog.com

 

パンチャカルマの記録は私の手記に基づいて記事を書いています。

相変わらず夏休みの日記のような雰囲気で記録を綴っています。。。

 

6日目

朝ヨガ。身体に筋肉がついて慣れてきたかも!

気持ちよく清々しい気持ちで終了。

 

朝フルーツはもう完全にお手抜きサーブ。

お盆にゴロンと皮つきのフルーツと小さいフルーツナイフがどーんと乗っかってるだけ。

いいよインド、このゆるさがいいんだよ。

 

朝食はあまり食が進まず。それでもそこそこは食べた。スパイスの食欲増進の力、おそるべし。

昨日から朝の目覚めがあまり良くなくて、気持ちが少し落ち込んでるせいかしら。

Wifiの調子が悪く、ネットが繋がらない事も少し影響してるかも。

 

トリートメント。

今日は頭に色んな考えがよぎってるためか、頭がガチガチ。

リラックスできたけど、何かしっくり来ない。うーん。

これからの旅程の事とか、帰国した後の事とか、いろいろ悩み過ぎたかな。

 

お昼は久々にソレンナちゃんと一緒。

バターミルク期間は終了し、普通にご飯を食べ始めている彼女。

ご飯が食べられなくてエネルギーが出なくて相当しんどかったらしい。。

 

それと、彼女はDrとの面会で感情と人生のワークに取り組んでいるようだった。

ソレンナちゃんは、感情的な問題を少し抱えてるからそれを解決する必要がある、とDrに言われたらしい。

身体だけじゃなくて、心のクリーニングもするのか。。。Drすごいな。。。

 

 

食後、食堂がある屋上から一階に降りた側から「エニマ!」と声をかけられる。

エニマ、すなわち浣腸…ついに来たか…

って私メシ食ったばかりだけど大丈夫なの!?と思いつつ、あれよあれよと連れていかれる。

いつものトリートメントの木の台に横になり、トリートメントレディース(あのいつものおばちゃん2人組ね)がサクサクと準備に取り掛かる。

なんかプラスチック製の注射器みたいなもの、パッケージに入った注入器の先っぽ、そして白いゴム手袋をスパーンと付けていく。

自分の職業柄、それらが何のための器具なのか手に取るように分かってしまう笑 まぁ私も浣腸を人に施す立場だった事もあるし…笑

 

ああーこれは完全に浣腸だーみたいな事を考えてたら、なんの声かけも前触れもなく(私の職業ではこれはアウトです。声掛け必須!笑)、お尻にグッとプラスッチックらしきものが入り、そこから生温かいオイルがビューッと注入されていく。

「!? OH!!」と頭の中は即座にお尻から入ってきた異物への警戒態勢に入る。

すぐにでもトイレに行きたくなったけど、「1hour!!」とその場で言われ、トイレ1時間禁止令。

 

頭の中はトイレの事でいっぱいになってしまったので、気を紛らわすために散歩に出た。

 

クリニック周辺は高級住宅街。

ドン引きするぐらいデカい豪邸がいくつもありました。

 

こんなバルコニー、映画やアニメでしか見た事ない。

f:id:pcopcopco:20181004193150j:image

 

庭広すぎ!!!
f:id:pcopcopco:20181004193153j:image

 

南国の綺麗な花に癒される。
f:id:pcopcopco:20181004193147j:image

 

ニワトリがワイルドだった。足が長い!!

f:id:pcopcopco:20181004193447j:image

 

ちょっと野生っぽいニワトリ

f:id:pcopcopco:20181004193803j:image

 

「1時間歩かなくては!」とひたすら歩いていたら迷子になりましたw

 

歩いていたら、遠くの方に子どもたちがいて私を見るなり駆け寄ってきた。

ちょっと警戒したけど、普通に私のような外国人が珍しかっただけのようだった。

10歳~12歳ぐらいの子達で、学校で習ったのかおぼつかないながらも英語で話しかけてくる。

名前は??何歳なの??ここで何してるの??みたいな事を聞かれ、私が何か返事をする度に楽しそうな反応をして、次何聞く?誰が質問する?みたいなふうにソワソワしててとっても可愛かった。

適当に切り上げて、じゃあねと別れると、私が遠くに行って見えなくなるまで彼らは手をふりながら私の行方を見つめていた。

 

そういえば、近くのアパートの上の窓から手をふる子達もいたなぁ。

そんな無邪気な反応がとても可愛かった。

 

そうやってほっこりしつつも、実は道に迷ってる最中でトイレ禁止令はとうに解除されてる時間だったにも関わらずまだ帰れていない。尻に込めたオイルはリーク寸前である。

 

焦りつつヒヤヒヤしつつなんとかクリニックに辿り着き、速攻でトイレに駆け込む。

ドバーッと出るのかなと思いきや、案外そうでもなかった。

歩き回ってるうちに実はもうすでにリークしてたんだろうか。。。散歩がいろんな意味で逆効果だとわかった。

明日は午前中にエニマとのこと。

 

Drと面会。

オイル浣腸の後にそんなに排便がなかった事を伝えると、あれはあれでOKだとのこと。

便を出すだけじゃなくて、第2の脳と言われている大腸に刺激を与えるという意味、またオイルの薬効を大腸の壁を通して伝えるという意味もあるらしい。へー!なるほどね!!

 

睡眠の様子を聞かれたので、悪い夢を見て目覚めが悪い事を伝えた。

ふーむとDrは答え、私の人生についても少し尋ねた。

取り繕うことなく、感情的になる事もなく、淡々と答えた。

Dr曰く、人生に100%満足する人なんていない。60歳になった時点でだいたい50%、良くても60%ぐらいのものだと言った。

なんかそれ聞いて色々ホッとした。自分の人生これでいいんだと思えた。

少なくとも今この瞬間、こうして好きにさせてもらえてるんだから。

 

それにしてもDrは名医だな!

賢さや人間の良さがにじみ出ている素晴らしい人だと思う。

 

夕飯を食べ終え、いろいろモヤモヤする事があったけど、ひとまずこれで良いんだと思う事にした。

 

次の日へ続く